TOP ≫ CATEGORY ≫ 未分類
CATEGORY ≫ 未分類
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

お知らせ

ご無沙汰しております。
ただいまブログはこちらで書いております⇒http://blog.livedoor.jp/ryu_yukkuri_ayumu/
スポンサーサイト

素敵なサプライズ♪

7_2015021515502141f.jpg

昨日は、バレンタインデー
我が家の男子は板チョコでもウハウハと喜ぶタイプなので
特別に用意はしてなかったのですが

遠方のkotoramamaさんさんより昨日サプライズ便で
高級チョコレートが届きました。
スゴイ!ロイスピエールっていうところのチョコレートですって。

2_20150215155648e29.jpg

甘い香りに目がないリュウは、ここをなかなか離れず。笑
チョコレートは食べられないので、鼻をおっぴろげてしきりに鼻クンクン
・・・は、良いとして、

6_20150215155906c46.jpg

こらっ!こらこら!と、人間同士の争奪戦はすごかった。
ひと粒食べると、溜まりに溜まっていた疲れがふわぁ~っと
抜けていくくらいの美味しさ。

ふた昔前の松田優作なら間違いなく、「なんじゃあ、こりゃ!?」
と驚くほどの濃厚さにいたく感動。
私の厳しい監視の下、最終的にふたり仲良くいただきました。

3_2015021516123092b.jpg

そして、こちらも驚きました。
ナント!コトラちゃんのオリジナルじゃがりこ。
かわいい写真にほっこり^^
以前に、マグネット付きのコトラちゃんとちびちゃんのチロルチョコも
いただいたことがあるのですが、今も我が家の冷蔵庫の扉に
マグネットがついています♪これも捨てられないなぁ。。

それとリュウにも国産びんちょうまぐろの猫おやつまで。
kotoramamaさん、温かいお心遣いありがとうございました。
おかげさまで家族で幸せなひと時を過ごせましたよ♪


8_20150215162355d20.jpg

こちら北海道は昨夜から大荒れのお天気。
風がぴゅーぴゅー雪も吹きまくりですごいことになってます。

今日は、リュウと家こもりの一日。
休み明け今週はまた忙しくなりそうなので
ひさしぶりにのんびり過ごします。
皆さんも良い休日を♪


いつもありがとです♪
応援していただけると、かあさんのやる気もちょっとだけアップ♪♪

にほんブログ村 猫ブログ チンチラ(猫)へ
にほんブログ村



猫フードについて




2_20141002090656c68.jpg

好きか嫌いかという好みの他に、体質に合うか、合わないか
安全な食材かどうか、猫フードの選択ってなかなか難しいですよね。

リュウも好みにはうるさい方で、今までにもニオイは気に入っても
食べる寸前に顔を横にプィっと向いてひと口も食べないなんてことはザラ。

なので、やっと気に入った猫フードが見つかると、そのままずっと
同じものを与えて、リニューアルしてもあまり気にせずにきっと
前よりも良くなったに違いないと思い込んでいたのですが
ある日突然、リュウのおなかがゆるゆるになってしまいました。

6_2014100211071335d.jpg


最初は体調のせいかなって思っていたのですが、病院の先生に
猫缶との相性がよくないのかもしれないと言われ、
えっずっと今まで同じだったのに?と絶句。でも確かに調子が回復しても、
その猫缶を与えると1,2日中におなかがゆるゆるになってしまっていたのでした。

書かれている成分を見てみると、まぐろ・酵母エキス・オリゴ糖・ビタミンEのみ。
このどれに反応しているのだろう?次に成分がシンプルな新たな猫缶を
与えてみましたが、同じくおなかがゆるゆるに。

この二つの猫缶を見比べてみたところ、共通の成分はオリゴ糖だけでした。
そういえば、人間用でもオリゴ糖が売られていますが、おなかがどちらかというと
弱い私には合わなかった経験があり、もしかしてリュウも?

でも、オリゴ糖が入っていない猫缶はこちらの店頭では皆無。
ネットで探してみると、やっとひとつだけ見つかりました。
それはこれ、『何も入れないまぐろだけのたまの伝説』
静岡の焼津で水揚げされたまぐろ・ビタミンEのみ。
レビューをみると、好みのうるさいうちの子もすぐにがっつきましたと。

7_20141002095311cb1.jpg

人間が食べても大丈夫なクオリティーの高さと知って
主人が味見。「このまぐろの味、今までと全然違うね~」と感激のひと言。
おいおい、以前も味見してたのかい^^;

リュウもやはりすぐにがっついてくれました。
おなかゆるゆるの症状もなし。
が、しかししばらくたってから、病院の先生と意見が食い違い
クリアしなければならないことが出てきたのでした。
長いので、つづく・・・・

10_20141002112258b23.jpg

早くぅ~早くぅ~

ちょっと待てぇ~かあさんこれから仕事だから^^;


いつもありがとです♪
応援していただけると、かあさんのやる気もちょっとだけアップ♪♪




Comments (4) Trackbacks (-) | 未分類

あきらめない気持ちが大事♪

17_20140722224227205.jpg

リュウは蝶々を追いかける時、ジャンプもするけど空振りが多い。
日本猫さんより足が短いからっていうのもありますが。


19_2014072222435443d.jpg

なので、低い場所でパタパタ・・
リュウの両手はモグラたたきのようにこまめに動きますが、それでも空振りが多い。


18_2014072222431066b.jpg

なかなか捕まえられないので、手のひらをパァーにしたまんま
とても悔しいそうな顔します


でも絶対あきらめないよ、だってボクはねこにゃもの


なので、やっとつかまえた時、今まで悔しかった気持ちの反動なのか・・


21_20140722224419b5c.jpg

ほ~ら、つかまえたぁ~!

と、一発で仕留めたような顔をします笑

ちなみに若かった頃に勤めていた会社にいた釣り好きのおじさんがこんな人でした^^
獲物を捕まえた時の喜びは、猫も人間も一緒なのでしょうね笑


ということで暑いけど元気出してがんばろう♪みんにゃもがんばろうね♪

いつもありがとです♪
応援していただけると、かあさんのやる気もちょっとだけアップ♪♪

Comments (-)Trackbacks (-) | 未分類

LIFE!

1_20140326014536ae2.jpg

先日、ベン・スティラー主演映画『LIFE!』を観ました。


いろんな世界を見に行こう

壁を超える勇気を持とう

いろんな人と出会い、もっともっと分かり合おう

きっとそれは人生を生きる喜びだから





この映画、好き嫌いがはっきりと分かれてしまう映画だと思うのですが
私が見た感想は、人生の縮図のような映画に思え、作り手の主旨とはちょっと
違うのかもしれないけれど、見ようによってはいろんな見方も出来る奥の深い
映画に思えました。こういう映画、私は好きです

空想しているだけでは人生は進まない。

雑誌『LIFE』の最終号の表紙を飾る写真、25番のネガを見つけるために
主人公は撮影した冒険家のカメラマンの居場所を推理しながら探しに旅に出るわけですが
もしすぐにネガが見つかっていたら・・・
この世の中には、一見すると要領の良い人、得をしているように見える人たちがいて
もしかしたら自分はその人たちよりも損をしてるかも・・・って感じてしまう時も
人生にはあると思うのですが

でも遠回りの人生も悪くない、いや遠回りした方が楽しいじゃないか・・・と
そんなふうに思えるような映画でした。

写真家が傑作だと手紙に記していた25番のネガがどんな写真なのか
早く知りたい、見てみたい!と見ているこちらもどんどん気持ちが募っていくのですが
その写真はラストに出てきます。

おぉー、これなのか!と・・・期待ハズレはナシ、ラストにしてこの写真はグッとくるなぁ
と思いました。


5_201403270026564cb.jpg

出会い・・といえば、今から5年前に私がブログを始めてからまだ1年もたたない頃
ひとつのブログが偶然目にとまりました。ドライブのお供をしているねこさん。
なんてカッコいいんだ!その日から何度もブログを見に行くようになりました。

でも奥手の私は、コメントを書くまでに何日も何日も躊躇。私なんて相手にされないかもなぁーとか
なんとな~くコメント先をリサーチしてみると(ちょっといやらしさ満開だけど、臆病風に吹かれ)
短毛のねこさんが多いように思えたので、そうかー・・うちは長毛だしなぁ・・・とさらに弱気。
かなりの勇気をふりしぼってドキドキしながらコメントを書いたのがおつきあいのはじまりで・・

以来、この5年の間、巡りゆく季節の中で気持ち良さそうに
空や海や桜や紅葉、その時々の風、自然のニオイまで堪能しているかのような
何かを達観しているかような素敵なお顔を何度も拝見させていただいてました。
その様子をしっかり捉えている彼女の写真もとても素敵で・・・
かといえば、ママに甘えている顔もとても可愛らしかったな
お気に入りのトンちゃんや赤い箱も忘れられない・・

ちわりくん
大好きなちわりくんにもう会えないなんて私もとても悲しい。
私もまだ気持ちの整理がつかないのですが・・・

この世で一番愛したものとの別れの悲しみは理屈でどうこう出来るものではなく
お別れした直後は、誰とも話はしたくないし、自分を心配してくれている電話のベルが
鳴っているとわかっていても、出られるものではない

やがて時がたち、普段通りの生活に戻れても
1年を過ぎても時々心の奥底から、失ってしまったというどうしょうもない悲しみが
こみ上げて来て、声を出して泣いてしまうこともある

でもそれでも、前へ進める時がくる・・・


ちわりくん、キミのことはこれからも忘れない、ありがとう。
Comments (-)Trackbacks (-) | 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。